見どころ

水木しげる大百科 鬼太郎大百科

一番はじめのコーナーでは、水木しげる先生のプロフィールと、その偉業を紹介します。また誰もが知っている水木作品を代表するキャラクター「鬼太郎」について詳しく解説します。漫画の中で鬼太郎が誕生するシーンを立体的に再現したジオラマは、今にも動き出しそうなリアルな造形にご注目ください。

※展示内容は一部変更することがあります。あらかじめご了承下さい。

日本の妖怪たち

水木しげる先生が描いた妖怪画をもとに、全国各地に語り継がれる多種多様な妖怪たちを、妖怪画と多様なグラフィックの展示演出で紹介します。「妖怪小路」には、水木しげるロードの妖怪像が、そのシルエットをスクリーンに映しながら怪しげにたたずんでいます。巨大な妖怪の顔が壁に描き出された「妖怪大面相」は迫力たっぷり。「日本妖怪大地図」では、各都道府県に伝わる妖怪とその特徴を、大きな地図上で知ることができます。

※展示内容は一部変更することがあります。あらかじめご了承下さい。

妖怪屋敷

次はいよいよ「妖怪屋敷」へと足を踏み入れます。この屋敷にはさまざまな妖怪たちが棲んでいて、夜になると人々の前にその姿を現します。回廊は曲がりくねっていて、少し先にどんな妖怪が潜んでいるのかわかりません。突然、障子から無数の目が現れて、追いかけてくる「目々連(もくもくれん)」。「妖怪の井戸」をのぞいて声をかけると、目に見えない妖怪がいる気配がします。「無限六角堂」は、無限に続く妖怪たちの姿を、大きな万華鏡の中に入ったかのように見ることができるファンタジックな空間です。

※展示内容は一部変更することがあります。あらかじめご了承下さい。

妖怪の森

日本の山奥に広がる森の中の小路を歩きながら、さまざまな妖怪と出会えるエリアです。「ゲゲゲの鬼太郎」にも登場する人気の妖怪「ぬりかべ」も、植物に囲まれてぬっと立っています。森の妖怪たちと向き合ってその姿を眺めていると、急におどかされたりするから気が抜けません。ドキドキしながら渦巻きトンネルを抜けると、そこには・・・??

※展示内容は一部変更することがあります。あらかじめご了承下さい。

水木しげるの冥界ワールドツアー

水木しげるの著書『あの世の事典』をもとに、世界中の「冥界(死後の世界) 」をめぐる新感覚アドベンチャー。ソロモン諸島、パプア・ニューギニア、アフリカ、カナダ、メキシコ、中国などの伝説をもとに、水木先生が生命を与えた「冥界からの使者」 があの世からよみがえります。クライマッ クスに最大級の恐怖が待ち受けていることは誰も知る由もない…

※展示内容は一部変更することがあります。あらかじめご了承下さい。

妖怪ひろば

最後は妖怪たちと楽しくふれあうコーナー。いったんもめんの上に座って写真が撮れる撮影コーナー(別料金)、金ピカの鬼太郎が祀られた「鬼太郎神社」など、楽しい演出がいっぱいです。もちろん物販コーナー「妖怪百貨店」も大充実。本イベントでしか手に入らないオリジナル商品を中心に、レア商品、限定グッズ満載です。お見逃しなく!

「一反もめんの上に座って写真を撮れる」(別料金)にときどき 鬼太郎 ねこ娘 ねずみ男が出没します!

※展示内容は一部変更することがあります。あらかじめご了承下さい。